アーコール Story Part.5

1958年、遂に歴史的にも価値ある名作チェアが誕生する。

それが、『アーコールバタフライチェア』である。

当時は、曲げ木技術はスチームによる無垢材を湾曲させる技術にとどっていた。そこで、アーコラーニは厚みのある合板に、曲げ木の技術を応用してエレガントなカーブを描くことに成功する。

当時としては非常に高い技術の結晶として評されたチェアとなった。

木の美しさをキチンと表現するようにデザインされたこのチェアは、どの角度から見ても美しく、リビングやベッドルームなど飾り椅子として眺めているだけで誇らしくなれる。 ブログTOPへ戻る