名作チェアに新たなラインナップ

1958年にデザインされて半世紀以上経った今日でも世界中で人気のチェアの1つが、アーコールのバタフライチェア。
アーコール創業社のルシアン・アーコラー二氏がデザインしたこのチェアは、当時の画期的な技術を用いて製作られました。


シンプルでかつ、優しいフォルムのこのチェア。
英国の生粋のチェアメーカー(椅子職人)により制作されていきます。
 


伝統的な楔を打つ接合部は現在の量産型のチェアで見ることができない技法です。

製作者の顔がみれ、彼らの思いが伝わるチェアは、世代を超えて持つ価値がある逸品です。


この椅子の完成度高いデザイン性は、実は背中からの眺めがすばらしいこと。


通常ダイニングチェアとして使用する際には、常に背中を眺めていることになるで、この椅子の眺めを見ていられることへの幸福感は格別です。


更にこの度、バタフライチェアに特別限定品が登場しました。


★ホワイトレッグチェア

天然木の背と座面はその素材感と木の風合いを残し、優しいホワイトカラーで脚元にアクセントを設けました。
  
<<お買いお求めはこちら>>
No,401 ホワイトレッグチェア
    W.45×D.50×H.77cm 特別価格120000円+TAX
Photo Tomoya Nagatani