アーコール家具の魅力

エバーグリーンシリーズ
エバーグリーンシリーズ

エバーグリーンシリーズ

 

アーコールの数ある製品の中でも、もっとも曲げ木の技術が施されているソファシリーズです。

1950年代にデザインされ後、数あるアーコール製品の中でも唯一、生産中止や廃番にならずに製造され続けている名作中の名作です。

(人気のスタッキングチェア、スタジオカウチでさえも、生産中止になった名作です。)

 

このエバーグリーンは、ハイバックであるにもかかわらず、とてもすっきりとしたデザインで好評を得ています。

頭をしっかり支えてサポートし、背中のラインに合わせて形成されたクッションは、体に負担がなく、長時間座る上で最も最良であると考えられたソファシリーズです。

そのソファのクッションを支えるフレームが、他のアーコール製品の中でもとても特徴的なフレームとなっています。

アーコールの曲げ木によるフレーム

アーコールの魅力の一つである、曲げ木技術。

アーコールが現在も世界を魅了する家具メーカーである由縁であり、産業革命後に英国で大量生産にこぎつけ、世界のウィンザーチェアとなった所以です。

それまで硬くて曲げることが不可能と考えられていた木材を、蒸し器の中で3時間から4時間蒸して、柔らかくなったところで、職人がいっきに力を加え、湾曲させていきます。

 

その後、湾曲させた角材をバンドに巻きつけたヤスリを使って、角材の角を取りやわらかい曲線をつくり上げていきます。

 

全てが、職人の手によってなされる技なのです。

 

下記のYoutubeにて製作作業がご覧いただけます。

 

ファブリックを変更して、自分スタイルのエバーグリーンをお選びいただけます。

TOP PAGEへ
TOP PAGEへ

デザインUKを代表するERCOL(アーコール)


2016年新作アイテム

ミラノサローネにて発表した新作をはじめ、今年の注目アイテムをご紹介します。



このページに掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。
著作権は㈱ダニエルとercol Furniture Limited に属します。