ポールスミス氏も いいね!

先日、イギリス・Nottinghamにガン患者の方のためのケアセンターが新築された。

Maggies Centre Nottingham。精神的なケアから病気に対するケアまで幅広く支援する施設で、Piers Gough CBE of CZWG Architectsが設計を手掛けた、とても興味深い外観の施設である。

Paul Smith氏 左端
Paul Smith氏 左端

この施設は多くの方の寄付によって建築され、また多くの著名人も賛同しこのプロジェクトに参加している。写真の一番左端が今回、この施設内のインテリアを担当したファッションデザイナー・Paul Smith氏(ポールスミス)。日本で【Paul Smith】ブランド有名な彼がインテリアを手掛けたことで、建物自体も大変注目を浴びている。

アーコールバタフライチェア
アーコールバタフライチェア

アーコール社ではPaul Smith氏と協議の上で、バタフライチェアを寄付し納入することとなりました。

ホワイトカラーのバタフライチェアはその他のPaul Smith氏が選ばれたインテリアにマッチするように製作されました。テーブルもPaul Smith氏のデザインに合うよう他メーカーで製作したモノです。

ポール・スミス氏 いいね!
ポール・スミス氏 いいね!

今回インテリアデザインを手掛けたPaul Smith氏(ポールスミス)が打ち合わせの段階で選んだ【アーコールバタフライチェア】。

親指を立ててGOOD!!

 

 

ブログTOPへ戻る

 

アーコールバタフライチェアの特集ブログはこちらから

デザインUKを代表するERCOL(アーコール)

2016年・2017年 新作アイテム

ミラノサローネにて発表した新作をはじめ、今年の注目アイテムをご紹介します。


TOP PAGEへ
TOP PAGEへ


このページに掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。
著作権は㈱ダニエルとercol Furniture Limited に属します。